Startingover
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のオーレ
P1020249.jpg



ナラ「鹿児島キャンプを終了して柏に帰ってきたレイソルですけれども、おととい千葉ダービーマッチとかありましたけど、そんな柏レイソルからはこの方が登場でございます」
松本「DFの小林祐三選手です!」
ナラ「宜しくお願いします!」
祐三「こんばんは、宜しくお願いします」


続きからご覧下さい。
ナラ「またちょっと久しぶりになりますけどスタジオに帰ってきてくれました、ありがとうございます」
ナラ「まずは千葉銀カップの話も聞きたいなと思うんですけど、その前にキャンプがあったじゃないですか」
祐三「そうですね」
ナラ「相当きついきついとみんないっていて、でも、監督の選手の上げ上手というか慣らせ上手というところでついつい練習してしまう感じで」
祐三「2、3時間の練習だったんですけど、みんな集中力がキレることもなく練習が毎日、それが2回行われていたのでそういう意味では選手のモチベーションを持っていくところが監督の技量を感じましたね、選手としても」
ナラ「広島出身の、本当にこてこての人情もすごくあるような人ですね、色々と声を掛けてもらって」
祐三「そうですね、本当ナラさんのおっしゃったとおり」
ナラ「がんばれよと」
祐三「本当に選手を上げるのが本当に上手な」
松本「トレーニングの自体はどういう感じだったんですか?内容は?」
祐三「もう本当にきつかったです」
ナラ「体だってね、ちょっと久しぶりだっただけでこんなに大きくなるのかな、体って?」
松本「上半身が如実に出ていますよね」
ナラ「真っ黒でね」
祐三「毎日2回本当に欠かすことなくほぼウエイトとかフィジカルとか毎日入ってきたので、選手の体にも変化が…、各選手、はい、あると思います」
ナラ「気を抜く暇はないんですか?」
祐三「ありません(キッパリ)」
ナラ「ちょっとほら前だったらDVD見る時間だったりとか、なんかほしいじゃないですか?」
祐三「夜の練習はないので、練習が終わってからは各々選手が過ごしていたんですけど、本当に休養に当てるしかないですよ」
ナラ「ないんだよね、疲れて寝ちゃうって話ですから」
祐三「そうですね」
ナラ「キャンプから帰って来て翌日が千葉銀カップなんですよ、今までこんなことなかったでしょ?」
祐三「そうですね」
ナラ「こんなスケジュールって」
祐三「僕も体験したことがなかったですよ」
ナラ「結果は0-2で後半2点取られて敗れてしまうということがありましたけど、これちょっとキタジさん言ってましたけど、フィジカルすごいきつかったって…、それ当たり前ですよ」
祐三「まあ、みんなベストのコンディションではなかったと思いますけど、そういう中でも前半なんかはみんないいサッカーとまでは行きませんけどやろうとしている事は徐々に現れ始めて、そういう意味では反省すべきところが多かったですけど収穫もあったと思います、はい」
ナラ「監督からもそのままで、前半のプレスとかもすごかったですものね」
祐三「あまりジェフの自由にやらせなかったという、そこはある程度自信を持ってもいいと思うんけど、結果にも現れている通り2点差で負けてるんでそこは忘れないで修正しなきゃいけない点もたくさんあると思うので…」
ナラ「修正点、まあ小林祐三選手はDFの選手ですけど、DF陣ということでいえば何かあるんですか、修正点というのは?」
祐三「点を取られた時間帯というのは後半の立ち上がりと終了間際ということで一番集中してやらなきゃいけない失点が去年から続いている時間帯なのでまあここで失点してしまったのは個人的には残念だったなと」
ナラ「そこを修正すると」
祐三「はい」
ナラ「ジェフ千葉というのはJ1のチームで、僕ら柏レイソルはJ2で戦うというわけで、そんななかで修正点だけでなく収穫もあったと思いますけど」
祐三「そうですね、さっきも言いましたけど前半プレスを掛けて高い位置でボールを取れてシュートを打つ場面があったので、そういうところはとっても良かったんじゃないかと思いますけど」
ナラ「どうなんですかね、J2でこれからシーズン」
松本「試合数も多くなりますけどね」
ナラ「祐三選手だってやったことないでしょ、もちろん?」
祐三「やったことない選手がほとんどだと思うので、やっぱり難しい
部分というのも出てくると思います。試合数も多いですし、移動も交通の便が悪いところもあるのでそういう中でもやっぱり勝っていかなければならないんで、それでウチが掲げているタフネスというのを選手がどれだけ実践できるかに掛かっていると思うんですけど」
松本「やっぱり祐三選手、チームのなかで中心選手となってね、やって」
ナラ「先輩はもちろんいるけど、先輩を上手く、石崎監督じゃないですけども、立てながらまとめるというか難しい位置ですよね」
祐三「まあ自分のことで足を引っ張らないようにとそれだけで精一杯なんでまず試合に出れるように頑張らなきゃいけないんで…」
ナラ「僕もミスター謙虚といわれていますけど」
松本「おっと~(苦笑)」
ナラ「小林祐三選手に渡したい位謙虚なんですよ」
松本「おっと、知らなかった。そうかぁ~」

~ここで一曲~

レイソル情報
水曜の佐川急便との練習試合と土曜日の山形との練習試合(いずれも日立台)の告知

ナラ「これ全部日立台で行われるんですよね。こういう練習試合というのは微調整ですか?」
祐三「いや、本当、誰が試合に出れるのかわからない状態が続いているので、アピール合戦みたいな、そんな感じです」
ナラ「逆にシーズンよりも見ている分には…、選手には大変ですけど」
祐三「そうですね、本当に」
ナラ「サポーターのみんなにとっては…」
祐三「練習試合も勝たなきゃいけないというのは監督の口癖なんでね、それを実践しつつやっぱり自分のプレーを監督にアピールしなきゃいけないという選手にとっては大事な試合です」
ナラ「チェックしてください」
松本「3月4日土曜日J2リーグが開幕します」
ナラ「対湘南ベルマーレということで、どんなチームなんでしょうね。この前の千葉銀カップ、ジェフ千葉と戦って今シーズンになって初めてですよね、サポーターの前で試合を出来るという機会は」
祐三「本当にジェフより多いんじゃないって言うくらいに応援団の方々が来てくれて、本当に選手たちが口を揃えて嬉しいと言っていたのでここでありがとうと、またこれからシーズン大変ですけどアウェイの応援も宜しくお願いしますと、はい」
ナラ「あれっ?閉めちゃった?その後に締めの言葉をもらおうと思ったけど…。とういうことで今夜のレイソルオーレはちょっと一回り体も精神的にも大きくなったDF小林祐三選手に登場していただきましたけど、サポーターの皆さんもそうですけど、リスナーの皆さんにもたくさんいますので、改めて」
祐三「そうですね、さっきも言いましたけど、J2ということでアウェイも大変な土地での試合も多いですしホームも楽な試合があるわけじゃないのでサポーターの皆さんの応援が必要になってきますので、ぜひスタジアムに足を運んでもらって選手に声援を宜しくお願いします!」
ナラ「今夜のゲスト柏レイソルから小林祐三選手でした」
祐三「ありがとうございました、どうも」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。