Startingover
200602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
番外編 昨年の柏在籍選手の競演 福岡vs東京V@生目の森
2月16日、宮崎市の生目の森(アビスパのキャンプ地)ではアビスパ福岡と東京ヴェルディの試合が行われていました。

ご存知かと思いますが、アビスパ福岡には宇野沢、ヴェルディにはディエゴが在籍。

ディエゴが最初は左アウトサイドで前半途中はトップ下、ウノはFWでした。

まずは宇野沢。

DSC_0031.jpg



主にポストプレーでのプレーでしたがメインでマークしてきたバウルを相手に多少苦労したものの、前線で積極的に動き回りながらボールを読んでました。時折サイドに流れたりもして。
前半終了間際に中村北斗が入ると、運動量の多い選手が入っただけにセンターの位置でのプレーに終始。
後半24分に選手交代があるまでプレーしてたものの、残念ながらシュートは0本。
しかし、果敢な動きからいかにチームになじんでプレーしていこうかと言う気持はそのプレー振りを見て感じ取れました。


次にディエゴ。

DSC_0016.jpg


トップ下でプレーしてはいたのですが、動きが重かったです。
確かに見てくれからしても太ってるなってのがあるのですが、とりわけおしりが大きいってのが印象深いでしょうか。
前半はその体の重さゆえにドリブルで上がっていくプレーが余り見られず、むしろサイドチェンジのパスやフィードパスでごまかしている感じが。
でも、彼の雄叫びは相変わらずです。
そんな彼は前半にPKを決める。PKのきっかけは別の選手が作ったのですが。
その後はやや動きの重さがあったりしたものの、後半26分には彼らしい強引な突破からワンツーを経てゴールを決める。
これで2点目。
そこでゴールを決めると、調子付いてか柏の頃に見せた恐ろしい前線のプレスを見せ出す。しかも、体の重さを逆手にとってタイミングよく動き出すようなプレーを見せ出した。
もしも体を絞れたら相当力を出すのは間違いないでしょう。 が、そうなったらオフには高い金を代理人から要求されて古巣に戻るか他のどこかのチームでのプレーとなる可能性が高いでしょう。

なお、この試合不出場だったノグチピントですが、アビスパでは第3のゴールキーパーという立場にいます。

さて試合ですが、福岡が幸先よく2点先制したものの、先ほど述べたディエゴの2ゴールで同点にされる。
が、後半ロスタイムに福岡、U-18代表鈴木にいいシュートを決められて試合が終わりました。
ディエゴの2ゴール空しく3-2でアビスパ福岡の勝利。
が、ちょっと参考にならないでしょう。東京ヴェルディは、元ジュビロ勢やフッキがいなかったので。



なお、私ですが、宮崎の地に行った真の目的は↓なのです。
hawkscamp.jpg

練習試合見学はついででした。ちなみに両者のグラウンドは同じ敷地内にあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。