Startingover
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月16日練習試合 vs清水@鴨池
P1020172.jpg


鴨池で行われた練習試合清水戦。
この試合は45分の4セットで行われた。

最初の2試合はトップ中心のチームで構成。

先発メンバーは
GK 南 DF 小林祐、岡山、中澤、小林亮
MF 山根、リカルジーニョ、平山、大谷
FW ディエゴ、北嶋
大谷は右MFで起用されていた。

試合開始後の柏は前から積極的にプレスを掛けてボールを奪っていきうまくボールを回す。
が、早くも暗雲漂う事が。
4分にリカルジーニョが清水の選手と接触プレーで倒れる。
治療して6分に一旦ピッチに復帰するものの7分には再びピッチを後にする。
それからは交替選手を用意せずに何分か10人でのプレー。
前半13分に交代要員として谷澤がゆっくりとピッチ脇に現れるもなかなか試合が止まらずに前半16分にやっと入る。
ここで大谷がボランチに谷澤が右サイドへ。
が、柏はバランスを崩してしまった状態になり苦戦を強いられる。
そんな中を19分、一旦1対1を交わされた中澤がエリア内でバックチャージをして清水FWを倒してPKを与えてしまう。
PKはキッカーが外していたもののピンチは続く。
すると前半ロスタイムに守備の一瞬の緩みができたところを清水枝村に決められて0-1。
なかなかバランスが取れないまま前半を終える。

後半は、山根→鈴木達に交代してディエゴがボランチに鈴木達はFWに。
すると柏の攻撃陣にバランスの良さが戻っていい状態に。
いい状態になって、ボランチでプレーするディエゴがわけのわからない雄叫びを上げながらプレーしているそんな12分。
やや中央左寄りにいたディエゴのロングフィードを右から走りこむ北嶋が受けてそのままシュート。見事にゴールが決まって同点に。
さらに18分にはどういうわけか右サイドの位置に入ってプレーしていた平山がクロスを上げて飛び込んだ北嶋が決めて2-1に。
勢い増す柏は21分に谷澤がゴールエリアまで果敢に攻め込んで倒されるもPKとはならず。
24分には平山、中澤が下がって鈴木将、根引が入るもののそう柏の攻撃は落ちてはいない。
28分にはディエゴのコーナーキックから根引が合わせて鈴木達へ。その受けたパスを鈴木達がシュート、しかし惜しくも枠を外れるといい場面も見られた。
40分に大谷が清水DFの足裏見せるタックルを受けたことで一旦外れたり(復帰する)、ディエゴの運動量が終盤に一気に落ちて清水に攻撃を受けはしたものの無失点で試合終了。
トップは2-1で勝利。

今回はリカが下がったことでバランスを失う脆さがあったものの、後半はいい攻撃が続いた。守りも集中。
後半の布陣で今後戦っていくのがベターな気がすると見ていて感じた。
あとは岡山のCBレギュラーはほぼ確実と見るが彼と組むのが中澤になるのか根引になるかだ。甲乙付けがたい。
前半2本、注目選手

ディエゴ…前半はそう良くなかったが、後半にボランチに入ると力を発揮。視野の広さから繰り出される長短交えたパス、さらにボールを受けた時の足下でのボール捌きの上手さ。北嶋への同点ゴールのラストパスは見事。あとは、不思議な雄叫び。まるでその叫びは野生動物の如く。
少々不安なのは90分最後までスタミナを維持できるか。最後はばてて動きが止まっていた。

北嶋秀朗…前半は古巣清水の選手のマークにあって力を出せずも広範になるといいポジショニングをしつつゴールを狙っていく。それが2ゴールにつながる。

鈴木達也…後半、彼の投入が流れを変えたといえよう。積極果敢に前へと突進して、機会あればどんどんゴールを狙って打ちに行く。
FWは彼と北嶋のコンビが練習試合を見ていてベストと感じられた。



残りの3、4本目はサテライトの選手。

3本目のメンバーは以下の通り
GK ノグチ
DF 石川、根引、瀬戸、蔵川
MF 柳沢、永井、石舘、谷澤
FW 李、鈴木達

試合は前半6分に25mの位置から谷澤がミドルシュートを決めて先制。
それ以降はコンパクトにボールを回して攻め守るもなかなか1点を奪えず。
その間に12分に谷澤から長谷川へ交代、鈴木達が右MFに入る。
谷澤は交代直後に石崎監督から「もっと動けよ」と一喝。
だが、19分にはアクシデント発生。
オーバーラップした瀬戸が張り切りすぎたせいなのか股関節を痛めて退く。21分には大河原に交代。
若手中心になってしまい、辛うじて守りきるも43分に清水高木純がミドルシュート。柏DFがブラインドとなってしまいノグチは動けずに同点に。そして終了。

4本目は下のようなメンバーに
GK ノグチ
DF 松原(フィジコ)、石川、大河原、鈴木将
MF 蔵川、永井、石舘、柳沢 FW 長谷川、李

4本目は選手がいなくなったためになんと松原フィジコが左SBに。
現役選手でない故に不安アリと思ったらこれがいいプレーをしている。しかも自ら指示まで出すのである。松原フィジコだと知らずに見ていた私、もし練習生ならばトップに上げていいのではと思ったが。それが松原フィジコでも戦力の一人と計算してもいいかと。
という冗談(多少冗談でもないが)はさておき、4本目は一進一退の攻防。
そんな状態が続いた中を35分にPKゲット。李が決めて1-0に。「しゃぁ~~~っ!」と雄叫びを上げる。
44分に柳沢が清水DFと接触して負傷するも辛うじて復帰。
どうにか勝利した。

清水のきついチャージが多く、リカルジーニョと瀬戸(チャージが原因ではないが)がピッチに戻れず。他にも多くの選手がチャージに泣かされている。実際に清水の選手には6枚くらいのイエローが出た。
当たりが厳しいのは何とかならないかと思うが、柏の選手たちが気がかり。


後半2本 注目選手
永井俊太…水戸での経験は伊達ではない。かつて柏にいた頃はあっさり倒される場面が多々あったものの、水戸での経験が生きてなのか柏の頃と体型が変わらないにも関わらず清水の選手に背後から押されてもなかなか倒れずにフィジカルの向上が際立った。そして周りを見回す余裕まで見せるプレーに落ち着きを感じだ。大谷、ディエゴ、永井、山根と今のボランチは王国と化している。どの選手も横一線だけにもう一頑張りが必要か。

柳沢隼…軽快なプレーにさすがはU-18日本代表と思わせるプレーを時折見せた。永井とのコンビプレーが良いのもあるものの後半に右サイドでプレーしている時は清水DFが対応に苦しんだくらい。まだ、トップのプレーヤーに比べるとまだ力不足だがここはどんどん経験をつむことで更なる上積みが期待できる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。