Startingover
200602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブルリリーフ vs湘南@日立台
前節はスピード溢れる愛媛の攻撃に苦戦しながらも、途中からフランサ、李を投入して流れを変えた柏が3-1と点差に比べて圧勝とは言いがたい勝利。
まだ、神戸・横浜FC相手に勝ち点差2と苦しい戦いが続く。

今回の対戦相手は湘南。
前回のアウェイではどうにか勝利したが、開幕で戦った時は試合終了直前にゴールを決められると言うほろ苦い思いをさせられた。
是が非でもここは勝利がほしい。
この日のメンバーは下の通り。
GK 南
DF 小林祐、岡山、小林亮、大谷
MF 山根、リカルジーニョ、平山、ディエゴ
FW 北嶋、鈴木達
SUB 加藤、蔵川、佐藤、李、フランサ
前半は最初の出だしは奇襲攻撃をかけた柏が優勢。
しかし、またいつもの悪い癖なのかそれが果たせなくなると攻撃も淡白になってしまう。
幸い湘南は、愛媛に比べて縦への突破力はそれほどでもないのか柏にとっては守りやすかった。一つのアクシデントがあるまでは…。
一つのアクシデント。
それは、前半途中の小林祐の負傷である。
負傷してから試合を続けたものの、トレーナーに祐三が足の具合について話すとそのまま交替選手を用意。
CBをサブに入れていないためにここで出るのは蔵川。
交代が終わると、蔵川は右サイドに、亮は左サイド、そして空いたCBには大谷が入った。
ここで、柏の守備陣は慣れないのもあってか湘南の攻撃に苦戦してしまう。
縦への突破についていけずにチャンスを広めてしまい、きわどいシーンが何度か。
が、湘南のシュートの精度のなさかゴールキックどころかスローインになったりして救われて、守備が慣れないまま前半終了。

後半は交替選手なくスタート。
すると後半2分にチャンス到来。
平山が右からFKを蹴るとそのボールはゴールエリアへ。
すると北嶋がヘッドで軽く合わせてゴール!!
北嶋が触らなくともゴールにはなるのだが、そこは1ゴールでも多く決めると言う気持の北嶋の執念を感じさせる。
ある意味それはFWにとって大事なことでもあろう。

ここから柏の守りも安定し始めて、うまく攻守に渡って回っていたのだが、元ミスターレイソルの出番によってそれがほころび始める。
後半18分に加藤望が登場。
すると、加藤望はまるで水を得た魚の如く長い間親しんできた日立台のフィールドを縦横無尽に駆け回って柏のDFを錯乱させる。
シュートも2発打たれてしまい、なかなか止められず。
その間に山根が負傷をしてしまい、李とチェンジ。
ボランチ不在となってしまったが仕方がないか…。
そして、なかなか追加点が生まれない柏は北嶋を下げてフランサを入れる。前回同様にうまく機能するのか…。

後半も終わりに近づき、フランサの投入が吉と出るか凶と出るか心配となったものの、その心配がすぐになくなることに。
後半41分、右サイドでバランスを崩しかけた李がそのままボールを持ちつつ180度ターン。ターンが決まるとそのままドリブルで持っていってそのままクロス。クロスボールに平山があわせるとディエゴが飛び込んでそのままシュート!!
シュートは見事に突き刺さって2点目。

このゴールでやや勢いが落ちたかと思われたが、相手湘南は2点を取られた時点で攻撃が沈黙。それまで動いていた加藤望もやや孤独がちになる。
そして、ロスタイムが3分と表示されたのだが、その表示が柏にとっては再度の攻撃のシグナルに。
まずはロスタイムに平山が左から上がると、加藤望を交わしてそのままシュート。シュートはゴール上部に刺さって3-0に。
平山はこれで今日1ゴール2アシストの活躍。
それまでは前節でいい活躍ぶりをするとなかなか次に持続できないところが多かったが今回はうまく持続。これを続けた状態をもっと続けてほしい。
さらに、後半終了間際には手薄になった湘南の守りを尻目にディエゴがノールックパスを鈴木達に供給。
そのままドリブルで上がるとシュートを放ってゴール!!
遅れて出た鈴木達のゴールが決まって4-0。
残りの1分をどうにか抑えてそのまま試合終了。

最近は前半ではグダグダした戦いぶりで心配となったのだが、後半はどうにかリードを奪い、途中から李、フランサを入れることで攻撃を再活性化させてどんどん畳み掛けると言う新しい戦術が機能した。
第3クールでは苦しめられてきたが、新パターンが流れを変え始めた。
だが、ダブルリリーフの李、フランサが投入される前にもっと決定力をつけてもっと楽な形で試合を進められるようになってほしいところ。



※日曜のサテライト
結果は1-1の引き分け。
ゴールは山下だったが、そのゴールは見事だったもののポストプレーなどの面はあまり良くない。
守備においては、近藤が復活をしたものの久々の実戦なのか動きが重く、むしろ一緒にプレーしていた深津がけっこう軽快な動きをしていた。
サテライトは試合結果はそう良くなかったものの、左サイドでいいクロスやロングフィードを上げた中谷、スピードを上げて攻め込む鈴木将の動きの良さがかなり際立った。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。