Startingover
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20番の誇り vs横浜FC@柏の葉
6月以降の勝敗は、△→○→●→○→△→●となかなか調子が上向きにならない状況の中での首位決戦。
勝ち点差は2と迫っており、兎にも角にも勝たねばならない試合。

メンバー
GK 南
DF 小林亮、小林祐、岡山、落合
MF 山根、リカルジーニョ、ディエゴ、平山
FW 北嶋、李
SUB 加藤、中谷、大谷、佐藤、ドゥンビア

前回は復帰即実戦の中谷、移籍してから2試合目でいきなりスタメンに入った佐藤、さらに大谷がスタメンからサブへ。
逆に落合が今期初のスタメン入り、さらに前回サブの小林亮、そしてリカルジーニョがスタメンに復帰した。
前半
先制したのが横浜FC。
前半2分にセットプレーから横浜FC早川へのマークがあまかったのもあってかあっさり先制を許してしまう。
このシーンは、先月の東京V戦の後半に岡山がゴールしたのをまさに攻守逆にした形の得点であった。悪い形の失点パターン。

スタメン布陣は4-4-2であるが実際は小林祐、落合、岡山の3バックで敷いている布陣ゆえに不慣れなところから許してしまったのもあってか、この後もその不慣れさゆえにピンチな場面を何度も迎えてしまう。
とはいうものの、どうにか雄太のセーブなどで防いでいったが…。
攻撃面も単調なのもあるのかゴール近くまでボールを運んでもフィニッシュまで至らずにかなり苦戦。
全体的に見ると、横浜FCのそれに比べて柏の出だしが一歩遅いのも影響していたのだが…。

苦戦する中、選手の気合は相当入っていたものの、その気合が空回りするような形で前半終了。

後半
後半はメンバーの変更はなくキックオフ。
が、単純にロングボールを出すような単調なパターンは変わらず、このまま時間が過ぎるかと思われた。
しかし、後半9分に試合が動く。
なんども右からクロスを放り、ことごとく横浜FCディフェンダーに阻まれていた小林亮のクロスを平山が合わせて中央へ。
すると走りこんだ李がシュート!!
ここでゴールが決まって、1-1に。

ゴールが入ると不思議なものか、柏の攻撃がそれをきっかけに急に精力的になる。
すでにロングボールを出す単調な攻撃でなく、ショートパスなどを織り交ぜた多彩な攻撃で逆に横浜FCに仕掛けていく。
横浜FCは、カズから京都からレンタル移籍で入ったアレモンを入れて攻撃を活性化させようとするが、その交代出場のアレモンがラフなプレーで無駄に試合を止めたりして横浜FCの攻撃のリズムを逆に崩していった。
そして、後半の28分にはリカルジーニョの絶妙なスルーパスが李へと通ってシュート。李にとって見ればシュートを決めやすいパスをもらったから楽な形で決めて逆転。

この後は、横浜が滝澤を入れてさらなる攻撃を図っていくが、柏の方も大谷や中谷を入れて守備を強化。
アレモンのラフプレー(彼は終了間際にはボールを放らないボールボーイに相当怒りを露にしていた)にも助けられてか前半よりはむしろ楽な形で守り切って試合終了。

P1040139.jpg


P1040190.jpg


この試合、前半は横浜FCの先制ゴール、そして動き出しの早さから苦戦していたが、それでも耐え抜いて2ゴールを奪って勝利。
とりわけ2ゴールを奪った李の執念は素晴らしかった。この試合以前からもそうだが、自分の手元にあるまたは来るボールに対する執念は相当のもの、さらに奪われたらファウルしてでも奪う姿勢を見せている。で、その頑張りの報いがこの2ゴールに繋がった。
そして、決勝ゴールをアシストした、時として黒子に徹し、また時としては大胆に攻め込むリカルジーニョの活躍にも相当助けられた。
あと3バックについてだが、序盤は不慣れなのか見ていてちょっとやばい場面もあったものの時間が経つごとにうまく抑えられるようになった。岡山、小林祐はいつもながらのプレーができていたが、それ以上に際立ったのは落合。やはり、他のチームでJ2を経験しているせいもあってか落ち着いて相手の攻めも捌いていた。
柏にいた頃は、時としてボールをそらしてしまいピンチを招いてしまうこともあったが、今ならそんな心配はあまりしなくてもいい位に良くなっている。この調子だとレギュラー定着も現実となるか。

故障した選手がどんどん復帰している上に、何人かの選手補強を行っており、ピッチでプレーできるチャンスを持つ選手が増えてきた。
ということで、スタメンどころかサブの5人の枠を取るのも今では競争になってきている。
サブメンバーからも外れてしまった選手は、どうかそれで腐らないでほしい。ここで絶対にサブのメンバー枠どころかスタメンを奪ってやるという気概を見せてほしいところ。
そうすれば、今サブにいる選手だけでなく、スタメンにいる選手に危機感を生むことになり、同時にそれがチームの底上げに大きく繋がるようになる。
練習等を通して激しく競争してチーム力を強化して、より強くこれからの試合を戦ってほしい。今のチーム状況ならばそれは可能だろう。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。