Startingover
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相手ニモマケズ、判定ニモマケズ vs東京V@日立台
前節は神戸にいいところないままながらも岡山のゴールでどうにか勝ち点1をもぎ取り臨んだ今日の一戦。
相手は因縁の相手、東京V。
前節は調子のいい仙台に勝利して連勝を重ねて調子は上々。
対戦前には、鹿島から石川、新潟から海本弟を取って両サイドを強力にしている。

メンバー
GK 南
DF 小林亮、小林祐、岡山、大谷
MF 山根、平山、谷澤、リカルジーニョ
FW ディエゴ、フランサ
SUB 加藤、落合、永井、宇野沢、李


前半
柏のキックオフで試合開始。
お約束のパターンか、一旦後ろにボールを下げてからロングフィードで右前線の谷澤に合わせるが合わず。
が、その後に東京Vに反撃に遭って平本がシュート。これが入ったかと思われたがバーに当たって中に入らずに難を逃れる。
そこからは東京Vのきつい攻撃もあったもののDFが弾いてピンチを脱する。
するとしのいだ柏にチャンス到来。
前半5分に右コーナーキックのチャンスで平山がキック。
マーカーの甘さから岡山がヘッドで柏が先制。
先制点で勢いに乗った柏は前半8分にフランサが左から上がると中央のディエゴへパス。後ろから戸川がカットするがカットボールはゴール側へ転がりそれをディエゴが直接蹴りこんで2-0。

さらに柏の勢いが止まらなくなり、東京Vは厳しいチャージで応酬を始めた。
だが、それも時には悪い方向へ転がることになる。
前半9分、山根がドリブルで上がると萩村が激しいチャージで倒してイエロー献上。
ここでキッカーはリカルジーニョ。
右から蹴ったフリーキックを大谷が合わせて後ろにいるフランサにパス。
そのパスをうまく蹴り込んできれいに決まる。
これで3-0。

この時点で大量リードとなったが、ここから東京Vも反撃を仕掛けるものの、柏のディフェンス陣がきっちり防いでいく。
実際に南がゴールキックを蹴る場面がない位。
と、東京Vがなかなかゴールを割れない中を前半42分にアクシデント発生。
大野と交錯したリカルジーニョが倒された側にもかかわらず、反スポーツ行為でイエローカードを献上されて、前半6分の分と合わせて累積2枚で退場に。
削られて担架で運ばれたままそのまま退場。
そして、ここからが今日の主審の不可解なジャッジの連発のきっかけとなる。

リカルジーニョが退場になってからは守備を強化するために、フランサを下げて落合を投入。
ここはどうにか守って3-0で前半終了。

後半
後半は交代なし。
DFラインにフラットに4人、さらにその前にフラットに4人、そしてディエゴを最前線とする4-4-1の布陣でキックオフ。
人数が少なくなっているのもあって、守備に回る側だが、隙を見れば柏も攻める。
後半4分、ディエゴの突破を萩村が倒してフリーキックのチャンス。
ここでキッカーは本来ならばリカルジーニョだが、平山がキック。
すると走り込んだ岡山があっさり決めて4-0になる。
1点目と同様に東京Vのセットプレーでのディフェンスの甘さから得点につなげた。

4-0でリードしてからは東京Vの反撃が続くのだが、ここは雄太のセーブに救われたり、東京Vのシュートがことごとく外れることもあって、なかなか点を取らせない。
さらに、東京VのDFの萩村がFWの位置に上がってパワープレーを試みるが、その萩村は得点機会でことごとく点を取られた岡山のマークに翻弄してなかなかシュートを打てない。打てても雄太の正面。
東京Vの猛攻に対しても、DFが食い下がって抑えて行き、点を与えない。とりわけ、高校の後輩が多く詰め掛けて意地を見せたのか大谷は今日守った左の位置だけでなく、時として中央でもディフェンスできっちり仕事をした。

ロスタイムにちょっと気が抜けたのか、飯尾に決められて4-1となったが、そのまま試合終了。
終わってみれば、スコアボード上では大勝。
東京Vとの勝ち点差は11と広げた。
次節は試合のない東京Vは福島で合宿を張るという。

P1030860.jpg



前半は先制からの猛攻で得点を重ねて、後半も10人とは思えないくらいによく踏ん張った。
ロスタイムの失点は余計だが、慢心して次に向かうよりは課題を持って次に向かった方がよかろう。
が、守備陣は本当によく踏ん張った。
先発で出た選手たちは言わずもがなだが、途中から出た落合の頑張り。
鳥栖での2年間の成果が出たのか、よく相手のパスを正面からカットしている。柏にいた頃はあっさり相手に先を行かれることもあったのだがそれもほぼ皆無で正面で抑えており、成長の証を示した。
そして、やはり普段慣れた布陣で行った方が成果がでることも今日の試合でははっきりしている。
どうか、このままの布陣で勝ち続けてほしい。
とはいえ、リカルジーニョの不可解ジャッジによる退場のせいで次節出場停止と多少苦しいが…。

リカルジーニョの退場のところで、忘れてはならないのが今日の主審のジャッジ。
おかしいジャッジが多すぎた。
他には、後半の平山へのシミュレーションの判定。
あの場面では、萩村が引っ張っていた。
どう見てもシミュレーションはおかしいし、PKの判定でもおかしくないだろう。主審によっては萩村にさらにカードを献上することもある。
あとは、谷澤に対する度重なる汚いファウルに対して献上されたのは平本への1枚のみ。その前か後か忘れたが、もっと激しいファウルをしたにも関わらずカードが出ないのはどうしてなのか。
そして終盤の飯尾による大谷への反スポーツ的行為。
大谷に報復的に顔をはたいたにも関わらずイエローで済まされる。
あれは一発レッドではなかろうか。
カードは乱発する上に不可解なジャッジの多さ。
試合を裁く側にも多くの課題があるし、絶対に克服せねばならない。



試合終了後の岡山のインタビュー

ありがとうございま~す!!
11000人、あとちょっとやなぁ。
12000人来てたら俺ハットトリックしてたかも。
でも今日ほんまに選手みんな日立台の力知りました。
みんな感動して、絶対前半から点取ろうって言ってて3点取れちゃいました。
そしたらちょっとみんなサボっちゃって、ちょっとだるい試合やったかもしんないっすけど…。
どきどきはらはらしてもらいましたか?
この11000人が…次どこやったっけ??(スタッフに聞く)
水戸の柏の葉にそっくりそのまま行きましょう!
一人ひとり顔覚えたで!!
柏の葉でまた会いましょう!!
ほんじゃねぇ~!!


スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
西村なにがしは去年の浦和と大分の試合でもひたすら大分寄りのジャッジをして浦和を敗退に追い込んでました。しかし、毎回ヴェルディに有利な判定がありますね…顔面殴打した選手がイエローで済むなんて初めて見ました。

でも正義は勝つ!ということで(笑)
2006/06/11(日) 00:55:16 | URL | みかん #-[ 編集]
>みかんさん
昨日の主審はそれまでもよろしくないジャッジが多かったのですが、かなりひどかったですね。
大谷、3月の仙台戦で殴打された時は相手選手が一発退場になったのに今回はイエロー程度。
あれは昨日のジャッジでは最も納得いかなかったです。

まあ、そんな状況でも勝ったのはうちらですからね。それで十分良しとします(笑)

2006/06/11(日) 19:58:33 | URL | taira #K3VsDgnM[ 編集]
ご無沙汰しております。

千葉TVで試合見ましたー!
フランサのゴールはワールドクラスですね!!

ジャッジは荒れたみたいですが、勝って良かったです!!

またチケ残ったらよろしくお願いします!!
2006/06/11(日) 20:32:35 | URL | コバ #AGZLCPGo[ 編集]
>コバさん
こちらこそご無沙汰しています。

フランサのゴール。入った瞬間びっくりでした。

まあジャッジはジャッジなんですが、それにも負けずに勝ったのは非常にでかいですよ。

また、チケ取れたときに連絡します。
2006/06/13(火) 19:57:36 | URL | taira #K3VsDgnM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中断期間の長さを少しでも緩和しようと日立台のレイソルvsヴェルディ戦へ。今話題
2006/06/11(日) 17:09:42 | レッズと神社とラーメンと
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。