Startingover
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集中力で勝利 vs仙台@日立台
前節は、後半から集中力を欠いてか10人の鳥栖を相手に同点にされるという後味の悪い試合に。
そんな中でのホーム仙台戦。

メンバー
GK 南
DF 小林亮、鎌田、岡山、小林祐
MF 谷澤、リカルジーニョ、山根、ディエゴ、平山
FW 李
SUB 加藤、石川、石舘、永井、宇野沢

前半
さすがは上位対決と言うのにふさわしい両者がっぷり四つの試合展開。
どちらかと言えば柏の方が攻め込んでいた感じか。
そんな中を前半32分に左から上がるディエゴのパスを受けた李がゴールを決めて先制。
しかし、前半42分にはクリアボールがこぼれたところを仙台ホルジェスに決められて1-1に。



後半は交代がないままキックオフ。
ここでもがっぷり四つの展開が続き、柏が左側を中心に攻め込むと、対する仙台も3人の外国人+梁による攻めで応戦する。
とりわけ余裕を感じさせるプレーを見せるチアゴ・ネービスは最も脅威。
しかし、シュート数が仙台のそれを上回るようにむしろ柏の攻撃機会が多く、仙台の攻めについては柏のDF陣がどうにか抑えている。

上位対決としては理想的な展開となり、このままだと同点で終わるかと思われた後半44分。
混戦から最後はディエゴがゴールに叩き込んで2-1で逆転。
この後は鳥栖戦の反省もあってか集中して守備陣が踏ん張ってそのまま勝利。

P1030603.jpg


この試合では、鳥栖戦とは違って上位対決であることもあったのかずっと集中して戦えた。
リカルジーニョ、ディエゴの外国人コンビが際立った中盤でのコントロールと攻撃、李の相手にボールを奪われてもファウルしてでも強引にボールを奪う負けず嫌いさ、そして他の選手の直向さが絡み合っていた。
結果は2-1で終わったが、どちらがゴールを決めてもおかしくないような展開。そこで土壇場でゴールを決めたのだから正に理想的な勝利と言えるだろう。前節が前節だけにこの勝利は大きい。

愛媛との対決でも、仙台戦で見せた集中力を持って戦って欲しいところ。
どんなに有利な展開になろうとも、集中して最後まで戦い抜け!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雨でしたが、苦にならず、帰りのレイソルロード(裏道)が活気あって良かったです。
やはり勝利は良いですね。
愛媛、お気をつけて。
2006/05/19(金) 10:29:07 | URL | ume #-[ 編集]
>umeさん
おとといはお疲れ様でした。
やっぱりあのような勝ち方だと盛り上がりますよ!!
そのせいもあってか飲むペースも早かったですから…。
愛媛でもいい勝ち方をしてほしいところです!
2006/05/19(金) 20:14:32 | URL | taira #K3VsDgnM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。