Startingover
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天国と地獄 vs鳥栖@鳥栖スタ
前半に2点先制、相手の選手が1人退場したのもあって有利に試合を展開。
鳥栖の選手の動きの悪さから楽勝ムードかと思われた…が。

そこから生まれた慢心が気づかないうちに最悪の結果へと導いていた。


後半41分には1点を返されたものの、終盤にはディエゴと谷澤による相手コーナーゾーンでボールキープに終始。
そんな中でディエゴには笑顔を見せる余裕すら伺えた。
が、悲劇はその後に。
鳥栖のカウンターに遭い、まるでその場面は開幕の湘南戦を思い出させるような失点パターンで土壇場で同点にされる。
その直後に終了。

圧倒的に有利な状況だったにもかかわらず、慢心のせいか最後には自滅となる結果に。
柏側にとっては許しがたい勝ち点2取り逃しであり、相手の鳥栖にして見れば敗戦濃厚の中から勝ち点1を取ったのだから大きかろう。

最悪な形で終わってしまったこの試合。
が、次の試合はもうあさってに近づいている。
失われた勝ち点2の事を悔やむ前に次の試合での勝ち点3を狙うことを重点に戦って欲しい。
どんなに点差をつけても、どんなに攻撃で相手を上回っても、相手よりも戦う人数が多くとも、タイムアップの笛が吹かれるまでは慢心ではなく謙虚さを持ちつつ最後まで勝ち点3に飢えながら戦うべし!

見る側も少々のアドバンテージがあった所で浮かれないように気をつけたい。タイムアップの笛が吹かれるまでは。
それは鳥栖の試合を実際に見て学ばされた。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。