Startingover
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月5日 vs愛媛FC@日立台
前節の東京V戦では相手の退場もあったが見事な逆転勝利で5連勝。
6連勝を狙う今節の相手は新たにJ2に加盟した愛媛FC。
このチームには柏から菅沼と広庭がレンタルで出されており、菅沼は右MFとして活躍中。
愛媛戦のメンバーは下の通り。
GK 南
DF 小林亮、小林祐、岡山、大谷
MF ディエゴ、山根、谷澤、宇野沢
FW フランサ、鈴木達
SUB 加藤、瀬戸、永井、鈴木将、北嶋

雨上がりの悪いピッチ状況の中、キックオフ。
しかし、押していたのは愛媛。
好調時の柏がやっていた高い位置からのプレスを実践して、ボールを奪うと菅沼と高萩が広範囲に動き回りながら攻め込んで柏はその動きを止めるのに四苦八苦。
相手のミス等もあってかゴール前までで相手のプレーが止まったりする事が多かったが彼らの早いプレーに柏DFも多少戸惑い気味。
が、やっと時間が経つにつれて柏も攻めるもののゴールまで編に譲り合ったりパスを出したりしてシュートをなかなか打つことができなかったり、結局角度のあまりないところからシュートを放って外したりともったいない場面の連続。
パスのつなぎもいまいちという状況の中、攻撃が改善されることもなく前半終了。


P1020895.jpg


後半は、いいパスを出したりしたもののなかなかシュートを放てなかったフランサに変えて北嶋投入。
しかし、攻撃のちぐはぐさを変えることができずに逆に愛媛の攻撃を許すことに。
後半早々には菅沼が角度のないところからいいシュートを放たれ雄太が辛うじて反応して難を逃れたり、なぜか中央のスペースをDFが空けてしまったためにそこを攻め込まれたりとらしくない守りの悪さも露呈。
パスのつながりの悪い攻撃を良くするために宇野沢を下げて攻撃MFの鈴木将を投入してスピードある攻撃を見せるもなかなか状況を改善できず。
このまま引き分けで終わるかと思われたが、後半35分に柏が攻撃を畳み掛けたところで速攻で右から谷澤がクロスを上げると動きがあまり良くなかったディエゴが飛び込んでゴール!!
ようやく1-0でリードし、柏もこれ以降は落ち着きを取り戻して、最後には守備固めで永井を投入してそのまま守り抜いて試合終了。


今日の試合は、ピッチ状況もあってかあまり良くない試合を展開。
しかし、これでも勝てたのは実力の証だろうか。
この試合では苦戦する中、ゴールマウスを守る雄太はよく耐えた。
この試合で5試合目の完封勝利。その原動力はもちろんキャプテンとして最後方で鼓舞している雄太であろう。
確かに岡山や祐三などのディフェンス陣もよく頑張っているが…。
今後も苦戦する試合が続くだろうが忍耐強く守ってもらいたい。

対戦相手の愛媛FCについてだが、思いっきり攻守を行っているのがすごく目に付いた。それもミスすることを恐れずに動き回っていたところは負けてなお強しという所か。
とりわけ2列目の菅沼や高萩の広範囲の運動量はすごかったし、菅沼の2発のシュートはいずれも強烈。
荒削りが多かったりするが、その辺が良くなるとより強いチームになりそうな気がする。


次回は今節休みだった横浜FCが相手。したがってコンディション的には相手有利だが、柏の方もどうかベストなメンバーで臨んで勝ち進んでほしい。


スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
昨晩はありがとうございました。
初のゴール裏、心地よい疲れがでています。
休む暇なく、横浜FC戦、三ツ沢での応援頑張ってください。
2006/04/06(木) 13:56:44 | URL | ume #-[ 編集]
>umeさん
おとといはお疲れ様でした。
ギリギリでの勝利だっただけに気分良かったかと思います。
7連勝が掛かった次の試合、応援頑張ろうかと思います。
2006/04/07(金) 16:32:14 | URL | taira #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。