Startingover
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月1日 vs東京V@味スタ
5連勝の掛かった第6節、東京V戦。
お互いにとって、この試合は正に天王山。
監督のラモスは昨年に柏でコーチを務め、大野、バジーリオ、萩村(故障欠場中)と元柏の選手が多く因縁度は深い。
昨年に東京Vを自動降格に突き落としたのも柏だけにこの試合の重要度は相当高い。
その東京V戦のメンバーは以下の通り。
GK 南
DF 小林亮、岡山、小林祐、大谷
MF 山根、永井、谷澤、ディエゴ
FW 北嶋、鈴木達
SUB 加藤、瀬戸、鈴木将、宇野沢、フランサ
平山、中澤が故障で欠場し、まずは永井がボランチに入ることで平山のポジションにはディエゴが入って、中澤の穴埋めとしては本来はボランチだがCBもこなせる瀬戸が入った。

前半は、早いうちから柏が攻め込んで優位に立って、その成果が出てか前半2分に混戦から北嶋がゴール。
それ以降、柏の攻めが続き、東京VのDF陣は激しいファウルでないと相手の攻めを止められなくなっている。その証拠に14分永井、28分藤田、30分永井秀と立て続けにイエローを献上。
が、にもかかわらず東京Vが点を重ねて行った。まずは前半33分にアナイウソンのクロスを早い飛び出しで飛び込んだバジーリオがゴール。さらに42分には不可解なファウルの判定の後に互いの選手があまり動かないうちに東京Vが勝手に試合を進めて前線にいたバジーリオにボールが渡り、小林祐が近づくも追いつけずに雄太との1対1を落ち着いて決めて逆転。本来ならばやり直しのはずがあっさり副審もゴールを認めて1-2となる。
柏も同点時も逆転された時点もそう悪くなかったもののゴールを奪うきっかけを生めずに前半終了。
とは言うものの、試合後に石崎監督が「もしかすると…(退場者が出るだろうと)思っていた。」と言うように相手の退場者が出ないと逆転は期待できないだろうとは思われた。




後半は交代がなかったものの、東京Vの汚いプレーの応酬は続いていく。が、東京Vの汚いプレーの数々は徐々に自滅へと追い込んでいく。
後半8分に谷澤をバックチャージで倒した藤田がイエロー2枚で退場。
これで11対10に。
ここで柏の攻撃が活性化して、わずか3分後には水戸戦に続いて右45度の位置から小林亮がゴールを決めてまずは2-2の同点。
この後に東京Vは攻撃の永井秀を下げて青葉を投入。東京Vは守備を強化するが柏の攻撃は止まらない。
後半16分にそれまではリードしないと投入されなかったフランサが北嶋と変わって入る。
すると、後半21分にフランサが前のディエゴの動きを察知して前線へスルーパス。そのパスは正に動きを感じるかの如く前へ走るディエゴに回りそのままシュート。
見事にゴール!!
フランサのこれぞワールドクラスのパスが功を奏して逆転に成功。
ここから先は東京Vが捨て身の攻めを見せるも柏の選手が前線から止めて行って相手の攻撃を許さず。フランサまでもが前線で相手にプレスを掛けて奪い返す位に。
10人でもどうにか攻め込んで点を取ろうと焦る東京Vは後半43分にバジーリオが2枚目のイエローで退場。この後にはFKでピンチの場面も見られたがそのまま試合終了。
見事に5連勝!!

P1020878.jpg



この試合は意地と意地とのぶつかり合い。
柏にとっては相手のあまりにひどすぎるラフプレーにもなんとか耐え抜いた。
そして、正に正義は勝つというのを証明するかの如く相手の選手はそのラフプレーの数々で多くのイエローカードを出したどころか退場者を出す様に。
これがきっかけで柏の攻撃が活性化して見事に逆転。
ラフプレーで柏の攻撃陣を滅茶苦茶にしようとしたどころか、ずるい手を使って逆転ゴールを決めた相手が自滅したのを考慮しても柏にとってはかなりすっきりする形の勝利でもあった。
今回の試合は技術云々は抜きにしていかにタフに勝利するか、それが問われた試合。そして勝利した。本当にこれは大きい。
特にひどく削られまくった谷澤は本当によく耐えた。ゴールを決めた選手たち以上に称えるべきだろう。
見事に東京Vに勝ち点差で7としたのは柏にとってはアドバンテージとなり東京Vにとってはダメージとなった。しかも多くの選手がカードをもらい退場者を出したのでそのダメージは相当大きい。
しかも、失点の内容がスピード負けと言うのがちょっと厳しいが、チームの連携は再び良くなっている。平山の代役で出た永井は水戸での経験を見事に出してきたし、自らも広範囲に動いたのは成長の証。パスの制度もかなり上がっている。
すでに11人(近藤、根引、中澤、中谷、リカルジーニョ、山下、落合、平山他)もの選手が怪我とかなりきつかったりするがどうか辛抱して勝利し続けてほしい。
再び陽の当たる方へ向かうためにも。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
藤田って、去年のFC東京でのサテライトの試合でもうちとの対戦で危険なラフプレーを連発していました。退場を機に反省してほしいです。

今日の勝利は快感ですね!
2006/04/01(土) 23:44:47 | URL | みかん #-[ 編集]
>みかんさん
藤田を含めて東京Vの選手のラフプレーは際立っていましたね。
チリチリの怨念を感じ取りましたよ。
おそらく藤田らイエローをもらった選手はあれだけ危険なプレーをしたら悪い形で帰ってくると言うことを勉強したでしょう。

本当にこの勝利は大きかったし、先制→逆転される→逆転し返すって展開の試合は見ていてすっきりしますよ!!



2006/04/02(日) 07:25:35 | URL | taira #K3VsDgnM[ 編集]
1日はありがとうございました。
いつもはALで1人ですが、知っている方々と
一緒だったので心強かったです。結果も勝利だったし、アウェーのゴール裏の応援も良かった。
今さらですが、背番号「6」を着るところ、
流石!と思いました。//
2006/04/03(月) 12:59:43 | URL | ume #-[ 編集]
>umeさん
1日は観戦お疲れ様でした。
試合結果もあるのですが、楽しく観戦できました。
応援の雰囲気もすごく良かったですね。
また機会があったら観戦しましょう。


2006/04/03(月) 22:16:23 | URL | taira #K3VsDgnM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。