Startingover
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jリーグ第33節 vs甲府@日立台
2005年12月10日。
柏レイソルはこの地で、ヴァンフォーレ甲府を相手に入れ替え戦を戦い、屈辱の敗戦を強いられてJ2降格。
降格当時は、主力選手の他チーム流出が続出。
が、石崎信弘監督の就任はそんな不安の中から希望へ変える予感はしていた。
山形、大分、川崎の監督時のチームの立て直し実績を見れば可能性を感じるし、主力選手の流出続出となれば、むしろ1から立て直していくというスタイルが石崎サッカーにはフィットしていることを考えれば尚更。
チームは、明神、玉田、矢野、大野、土屋、波戸、永田と多くの主力を失ったが、他チームのオファーを断った平山、南が残留。ルーキー小林亮、鈴木達也、若手の大谷、近藤、小林祐三も残留。さらに他チームで修行を積んでいた落合、永井、根引が復帰。それに加えて石崎監督の教え子、山根巌、岡山一成が加入して、かつては柏でのゴールゲッターだった北嶋秀朗が帰って来て、戦力も充実させた。
そこにフランサ、リカルジーニョ、ディエゴといったJ2ならば贅沢な外国人。
そんな戦力を揃えて臨んだ2006年の柏レイソルのJ2シーズンは、最後の最後ははらはらさせることが多かったが、充実した戦いぶりでJ1復帰を果たした。

そして、2007年シーズン。
現在のメンバーをベースにして、名古屋から古賀を獲得して守備を強化、さらに愛媛で大活躍だった菅沼を復帰させて攻撃の軸に。リカルジーニョ、ディエゴと強力な外国人を失ったもののアルセウを加入させて攻守の間を強力に。
結果として、開幕戦の磐田戦を4-0というJ1復帰試合を果たして、早い時点で目標の勝ち点45も9月中に達成。
ここ最近2ヶ月勝利に恵まれない中を臨む、甲府戦。
2年前のリベンジを果たすためにも是が非でも勝利を果たさねばならない試合となった。
それに加えて、甲府は敗戦となればJ2降格となる。

kofu1.jpg
[Jリーグ第33節 vs甲府@日立台]の続きを読む
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。