Startingover
200602<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200604
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月21日 vs鳥栖@日立台
草津、仙台とアウェイで連勝してホーム日立台へ帰ってきた柏レイソル。
3連勝、そしてホームでの今季初勝利を目指した対戦相手は鳥栖。
今期未勝利でなかなか結果を出せずにいるが昨年は途中まで昇格ラインに近い位置にいたチームゆえに侮れない。
鳥栖戦のメンバーは下の通り。
GK 南
DF 小林亮、岡山、小林祐、大谷
MF ディエゴ、山根、谷澤、平山
FW 北嶋、鈴木達
SUB 加藤、中澤、永井、宇野沢、フランサ
怪我明けの平山が左MFに復帰して、前節にサブに入っていた鈴木将が外された。

前半は、柏の方が若干押していた感じがするものの仙台戦に比べて安定度がなくゴール前に至るラストパスをなかなか出せずに苦戦。
なんとなく相手に合わせているような感じもしてならない。
鳥栖に攻め込まれる時間帯もあったが、ここはどうにか祐三と岡山のCBによって防げたようなもの。山根の出来がいまいちなのもあってCBの仕事が増やされた気もする。
なかなかいい所が少なかったものの、先制点を取ったのは柏。
久々の出場に連携面で苦しんでいた平山のクロスを鈴木達折り返したところを谷澤がボレーシュートを放って先制点!!
ここからはやや柏のペースに。
が、なかなか連携は深まらないままの時間帯はゴールを決めてから時間が経つごとに増えていき、また元のパターンに戻るかと思われた。
すると前半44分にカウンターから平山の挙げたクロスが谷澤の足に当たる。そのボールはそのままゴールに吸い込まれて2-0に。
ラッキーと言える谷澤のゴールが決まって調子付いたところで前半終了。

後半は、前半の悪い時間帯を引きずっているかのごとくなかなか連携が深まらない状態が続くが、吉田、村主、山口、ユンとベテランプレーヤーを多く抱える鳥栖は運動量が落ちていったのもあってお互いに淡白なプレーが続いて決定的な場面がそう多くない時間帯が続いていく。
柏はその間に、鈴木達→宇野沢、北嶋→フランサと選手投入を行っていくも交替選手がシュートを放てなかったりしてその時間帯は長引くばかり。
最後の交代のカードを平山→永井として一度ピンチを招いたのもあったが、そのまま2-0で試合終了。
[3月21日 vs鳥栖@日立台]の続きを読む
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。